和食のテーブルマナーを徹底解説

和食のテーブルマナーを徹底解説

和食のテーブルマナーを徹底解説しています。基本となるお箸の持ち方から懐紙の使い方、和の料理それぞれの食べ方まで網羅的に紹介していきます。

お箸の使い方(持ち方・取り方・置き方)~和食のマナーの基本を伝授~

スポンサーリンク

和食のテーブルマナーの基本は箸使いにあります。お箸は正しく持つことができれば自然と美しい使い方ができるものです。

 また、美しいお箸の使い方ができるだけで教養、マナーのある人だという印象を持ってもらうことができます。

目次

お箸の使い方

お箸の使い方は文章だけではなかなかわかりづらいので、動画と一緒にわかりやすく紹介していきますね。

正しいお箸の取り方

多くの人がお箸の持ち方には気を付けていますが、正しい取り方ができている方は多くありません。

お箸の正しい取り方ができる人はマナーを知っている人だという印象を食事の最初から与えることができます。

下記の動画が非常にわかりやすいので、確認していきましょう。

youtu.be

1.お箸の右寄り3分の1あたりを右手で持つ。

2.お箸を箸置きから持ち上げたら左手をお箸の下から添える。

3.右手をお箸に沿わせるようにして右端に移してそのままお箸の下に回す。

4.親指、人差し指、中指で持ち、薬指で支える。

正しいお箸の持ち方

1.箸を取った流れで、親指、人差し指、中指で持ち、薬指で支える。

2.お箸を動かす際は下の箸は固定して上の箸だけを動かす。

箸先に近い位置を持つと子供っぽく見えてしまうので気を付けましょう。

正しくお箸を持つコツ

 お箸を正しく持つコツは最初はお箸を1本だけで正しく持つ練習をします。鉛筆の持ち方と同じですね。

お箸の持ち方

 下記の動画でお箸を正しく持てるようになる練習方法を紹介してくれています。非常にわかりやすいので、この方法で練習しましょう。

youtu.be

 一本持ちで練習してからお箸を二本持って同じ動作をすると正しい使い方ができるようになってきます。

大人になってからでも持ち方を変えることは可能です。やるかやらないかだけです。お箸の持ち方が汚い人はそれだけで偏見の目を持たれてしまうことがあります。

・異性として見られない

・下品な印象を受ける

・育ちが悪そう

・モテない

・人に紹介できない

などなど辛辣な意見を言う人も多いです。どれだけ素晴らしい人間性を持っていたとしても、お箸の持ち方が汚いだけで勘違いされてしまうことは多々あります。

どうせならこの機会にきっちり直しておきましょう。

正しいお箸の置き方

お箸を置くときは取るときと逆の動作をすればいいだけです。最初の動画を参考にしましょう。

1.右手でお箸を持ったまま左手をお箸の下から添える。

2.いったん左手にお箸を預け、右手でお箸を持つ。

3.左手を外して右手でお箸を静かに置く。

器とお箸の扱い方

器とお箸の扱い方も最初に紹介した動画を参考に確認しておきましょう。

お椀とお箸

1.器を右手で取り上げ、左手を添える

2.器を左手に持ちかえ、右手で箸の右側を持つ

3.お箸を持ち上げ、器を持った左手の薬指と小指の間にお箸を挟む

4.右手を箸に沿わせるようにして右端に移す

5.そのまま右手を箸の下に回して箸を持ち替え、左手を離す

 割り箸の扱い方

割り箸にも正しい割り方があります。また、箸帯、箸袋の外し方、箸置きについてもここで学んでおきましょう。

正しい割りばしの割り方

1.右手で水平に持ち、左手を下から添える

2.左手で箸を支えながら右手で割れ目のあたりを持ち、割れ目を静かに押し広げる

3.徐々に力を加えていくときれいに割ることができる

youtu.be

上記の動画で正しい割りばしの割り方をわかりやすく解説してくれているので、見ておきましょう。

ちなみに、なぜ割り箸を縦向きに割ってはいけないかというと、両隣に同席者やお客さんがいる場合、割ったはずみで腕がぶつかってしまう可能性があるからです。

マナーは同席者、ほかのお客さん、料理人、お店の方、全員のためのものなのです。

箸帯の外し方

箸帯の外し方にも作法があります。

1.お箸を右手で取り、箸帯のあたりを左手で下から受け、右手でお箸を一本ずつずらしていく

箸帯の外し方

 2.先に抜いた一本を左手ではさみながらもう一本を箸帯から抜き取り、抜き取ったお箸を右手に持ち、箸帯は膳のわきに置く

箸袋の外し方

1.完封した箸袋の場合、袋の下をほどく

2.箸袋を開いて箸は箸置きに置き、箸袋はもとに形に戻して膳のわきに置く

 箸袋の折り方

箸置きがない場合は箸袋を使って箸置き代わりにするのが基本です。

1.箸袋を横半分に折る

2.次に、縦半分に折る

箸置き

 これだけで箸置きの完成です。

 お箸の使い方における注意点

お箸を置くときと取るときに、お箸を上げ下げするときがありますよね。このときは必ず両手でお箸を持ちましょう。

和食の世界ではお箸やお皿、お椀などの食器を大事にする心構えが非常に重視されています。

お酌

なので、お箸に限らず、お椀を持ち上げる時やお酌の時も両手でするという決まりがあります。

ものを大切にする習慣もぜひつけていってほしいですね。

和食のテーブルマナーにおけるタブー

和食のテーブルマナーでは2つ以上の作業を同時に行うことはしません。和食の世界では余裕、落着きを美しいとしています。

2つ以上の作業を同時に行うことはせっかち、焦っている、がつがつしているという印象を与えかねないので、和食の世界ではタブーなのです。

お箸

たとえば、お酒を左手に持ち、右手にお箸をもつなどもタブー。飲み物を飲むときと食べるときの作業を分けるために、お酒のおちょこは右側に置くのが基本です。

 お酒やお茶を飲むときはお箸をいったん箸置きに置いてから飲むようにしましょう。

 絶対にしてはいけないお箸の扱い方(タブー)

 それでは、最後に絶対にしてはいけないお箸の扱い方を紹介しておきますね。

刺し箸

料理をお箸で刺して食べる行為はもちろんタブーです。

迷い箸

 いくつか料理が並ぶなかで、どれにしようかお箸をふらつかせて迷うことです。

寄せ箸

食器の中にお箸を入れて手前に引き寄せることです。モノを大事にする心があれば、こんな行為をすることはありません。

渡し箸

茶碗やお椀のふちにお箸を渡すことです。お箸は箸置きに置くのがマナーです。